知育絵本「はだかんぼーのきのこ」|山口 剛平

知育絵本「はだかんぼーのきのこ」

知育絵本「はだかんぼーのきのこ」(山口 剛平)

知育絵本「はだかんぼーのきのこ」とは

「こどもの隠れた才能を引き出す」をテーマに「シンプルカリキュラム」をコンセプトに幼児に向けた知育プロジェクトを始動します。その一つがこの知育絵本「はだかんぼーのきのこ」です。
この絵本には、シンプルなデザインとストーリーながら、五感を刺激する要素が組み込まれております。
「きのこ嫌い」な3歳児が絵本のストーリーを口にしながら、楽しく食べれるようになったという感想もいただいております。
シンプルに幼児の五感に働きかけ、眠った才能を引き出します。
将来への驚くべき才能のために投資していただければと思います。

商品種別:DL

商品内容:PDF18ページ+3ページ、動画

販売者名:山口 剛平

▼いますぐチェック!▼

知育絵本「はだかんぼーのきのこ」の公式ページへ

管理人よりワンポイント!

山口 剛平さんのこども系の商材、知育絵本「はだかんぼーのきのこ」に関するあれこれですが。 小学校の入学にあたって、保護者の服装は、黒やグレーなどの落ち着いた装いが一般的です。出産時に骨盤は赤ちゃんが通る産道を確保するために、骨盤のじん帯組織を柔らかくするホルモンが分泌されます。出産を終えるとホルモンの分泌は止まり始めます。小学校の入学にあたって、この辺りも学校や地域によって様々ですので、周りの人にさり気なくリサーチしておくと良いでしょう。メリハリをつけて子育てするととても良いと思います。また私たち大人とは違い、子供はとてもパワフルです。すべて子どもに合わせていると体力が持ちません。休憩するときはしっかりするなど、自分で調節しながら子育てするとよいでしょう。ちょうど、夫婦げんかをしてイライラしているとき、子供が悪いことをしたので、たたいてしまった。その後よく考えると自分の行動に後悔したというママさんが多いようです。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?このような状況になったら、子供に素直に謝りましょう。聞き上手なお母さんがいいというお話をしましたが、ではどんなふうに子供に接すればいいのでしょうか?子供が生まれると環境が一気に変わります。近年はその環境の変化に慣れない人も多いようです。子供が生まれたら、自分たちの自由が減った、好きなところに行ける時間が少なくなった。そんなことも多くなったのではないでしょうか。でもそれが、「自分自身の成長」でもあると思います。そんな風に視点を少し変えてみると環境にも徐々になれていけるのではないかと思います。生活水準が下がるなど、まだまだ日本では少ないのが現状ですが、男性が育児に積極的に参加する傾向がみられるのはとても良いことですね。安全に楽しく小学校へ通えるように、父親として母親として、しっかりと守ってあげましょう。肌がとても薄く紫外線の影響を受けやすい赤ちゃん。やはりUVケアは重要です。とくに日射しが強い季節のお出かけには、日焼け止めを忘れずにしたいところです。

▼いますぐチェック!▼

知育絵本「はだかんぼーのきのこ」の公式ページへ